HOME>レポート>共働きでも生活が苦しいあなたへ〜家計診断の勧め〜

共働きでも生活が苦しいあなたへ〜家計診断の勧め〜

財布

FPに家計診断をしてもらえる

夫や妻だけではなく、2人で家計を支えていくという家庭は多い状況です。つまり、共働きは一般的になっているため、これからさらに多くなることが予想されます。共働きをすることによるメリットは、夫か妻の一方だけが働いて稼ぐよりも家計の収入を増やせる点です。収入が多くなればこれまでよりも生活のレベルを上げることができますし、貯蓄できるお金も用意できます。ただ、無駄な出費が多くなってしまうと、収入を増やしたとしてもこれまでよりもより良い生活を送るのは難しいでしょう。そこで、検討したいのが家計診断を受けることです。家計診断を受けると現状の収支が適切なのかどうかを判断できるようになります。家計診断を受けたいのであれば、FPに依頼すると良いです。

男女

家計診断でわかることとは

家計診断を受けるとわかることの1つ目は家計の問題点を見つけられることです。特に、支出の内容を厳しく見てもらうことができるので、無駄を省けるようになるでしょう。たとえば、余計な保険に加入している場合、必要以上の保険料を支払っているケースはあり得ます。また、光熱費や通信費の無駄も共働き世帯が家計師団を受けることでわかります。わかることの2つ目はベストな貯蓄方法が判明することです。お金の専門家による診断なので、共働き世帯に適した貯蓄の方法を教えてもらえるため、負担を減らして資産を増やせます。3つ目はお金をやりくりする方法を理解できることです。家計診断では、どうすればお金を上手にやりくりしていけるのかがわかるので、金銭面で賢くなれます。

広告募集中