HOME>info>海外旅行保険の重要性〜三井住友海上の保険も評判〜

通常の国内旅行とは違います!

海外旅行では言葉の違いや文化の違いなど大きく異なります。日本人観光客が多く訪れる場所でも国内と勝手が違いますので、心構えが必要です。

気を付けよう!海外旅行のトラブル5つ

パスポート

盗難・紛失は大変多いトラブル

パスポートの場合は現地警察にまずは相談しましょう。再発行も帰国のための渡航書も紛失・盗難届証明書が必要になります。

病気やケガ

病院に行く場合には、加入している保険会社に連絡をすると病院を紹介してくれたり治療費に関するガイダンスを受けることができます。

犯罪被害に遭った場合

身の安全の確保を第一優先しましょう。無理な抵抗をせず、ケガを負った場合には治療を、金品が盗まれた場合には警察署に行きましょう。

自然災害などの緊急事態

身の安全を確保することが大切です。不慣れな場所で言葉も通じない可能性が高いですが、できるだけ現地に詳しい人と行動を共にしましょう。

航空機の欠航や遅延

飛行機が欠航や遅延した場合でも日本では振替や払い戻し、宿泊サポートをしてくれますが海外の航空会社やLCCではサポート体制が異なります。

海外旅行保険の重要性〜三井住友海上の保険も評判〜

男女

安全な旅行にしたいのなら…

日本国内と違って、日本人が多く訪れる海外の地でも言語の違いだけでなく文化の違いはあります。日本では夜に出歩いているからといって、海外でも同じように暗闇の中歩いていると犯罪に巻き込まれてしまう場合もあるため、比較的治安が良い場所でも日本にいるときとは異なる心構えを持ちましょう。

飛行機の模型

海外旅行保険のメリット

保険は万が一のためのサポート的な役割があります。安心して楽しく旅を楽しむためにも保険に加入しておきましょう。万が一病気やケガなどサポートが必要になったときでも海外旅行保険では日本語対応が可能なスタッフが対応してくれます。日本語で対応してくれるだけでも少し落ち着きを取り戻すことができますよ。

旅行鞄

充実したサポート体制が特徴

ケガや突然の病気に対してだけでなく、携行品の盗難や賠償責任を負ったときなどに幅広いサポートしてくれます。サポートは24時間365日、日本語対応にて電話で相談することが可能です。

インターネット申し込みと旅行カウンターの申し込みの違い

海外旅行に慣れている人におすすめ

インターネットの保険の魅力は価格の安さです。自分に適したプランを選ぶことができる人や旅に慣れている人にはインターネットの申し込みがおすすめです。

プランを提案してもらいたい場合には

自分で手配する手間をかけたくない人やプランが分からない人には旅行カウンターでの申し込みがおすすめです。複数の国を巡る場合や出張に行く会社員の方も旅行カウンターで契約しましょう。

海外旅行保険以外にも旅行系の保険はある!

三井住友海上などの損保会社には海外旅行保険以外にも、国内旅行のケガや賠償責任を負ったときの補償があります。また、ゴルフを楽しむ方にはケガへの補償やゴルフ用品が盗まれたときに補償が受けられるゴルファー保険もあります。

広告募集中