>info>共働きの家庭をサポート!家計診断でアドバイスをもらおう

共働きの家庭をサポート!家計診断でアドバイスをもらおう

財布

共働き家庭の家計ってどのように管理している?

管理方法の多くが夫婦共有の口座を作ってお互い決まった金額を入金して管理をしています。次に多い管理方法が家賃は旦那さんが、食費は奥さんがといった項目毎に支払い担当を決めているケースです。

メンズ

家計の悩みはたくさんある

旦那さんだけが働いている家庭よりも、共働きをしている家庭のほうが家計には余裕があるはずです。余裕のはずがなぜか貯蓄が増えない、ボーナスで赤字を補填しているなどお金の悩みがある家庭は少なくありません。

レディ

家計診断をしてやりくりをしよう

共働きをしているのでお金には余裕があるはず、節約しているはずが全然貯蓄に廻すことができないという家庭は家計診断を利用してみましょう。家計診断でアドバイスを受けると共働きで働きながら、一人の収入だけで家計をやりくりし、もう一人の収入は貯蓄に廻せるというケースもありますよ。

男性と女性

家計診断もファイナンシャルプランナーの力を借りる

家計診断にはプロの客観的な目が必要となります。企業の経営を助言や指導するプロはコンサルタントですが、一般家庭の助言や指導をするプロがファイナンシャルプランナーです。ファイナンシャルプランナーはお金に関する知識を豊富に持っています。

各家庭を調査!家計の出費BEST5

電卓
no.1

毎日食べる食費

食費は家庭で一番多い出費です。毎日のことですからつい出費がかさんでしまいます。

no.2

その他日々の出費

各自のお小遣いや日々使う化粧品などの日用品、冠婚葬祭費用などです。気付かないうちに出費が増えているというケースもあります。

no.3

交通費・通信費

通勤・通学のバスや電車の運賃、車関連などから郵便代、固定電話や携帯電話などです。

no.4

教養娯楽費

習い事や文房具など教育にかかる費用のことです。子どもの人数や学年によっても大きく変わってきます。

no.5

住宅ローンを含まない住宅費

家賃や設備の修理費、そして火災保険料などです。住宅ローンは含まれていませんが、含まれる場合には食費よりもさらに負担が重くなります。

出費を抑えるためにも家計診断は必要!

贅沢をしていないのに貯蓄が増えないという家庭は一度家計診断を受けてみましょう。何か気づくことができるかもしれません。

家計診断で気になる質問をチェック

相談

子供の教育費っていくら貯蓄しておけば安心ですか?

小学校から高校まで公立の場合には月に数万円程度ですが、大学への進学する場合には子供一人あたり200万円は貯蓄しておき、奨学金などの利用も検討しましょう。

マイホームを検討中ですがどのようなプランを持てばよいですか?

住まいの優先順位を検討しながら、費用が総額どれぐらいかかるか、収入と支出そして万が一のための貯蓄を考慮していきましょう。

シングルですが賃貸と分譲住まいはどちらがよいでしょうか?

購入するほうが自分のものになりますがお得とは限りません。ローンの金利タイプや返済期間の確認、生活スタイルの変更を十分考えて検討しましょう。

シングルマザーですが教育費はどうすればよいでしょうか?

離婚したばかりでは家計が大きく変動します。今後の収入と支出を把握しておきましょう。児童手当でカバーをしながらも、子供が大きくなり大学進学を目指す場合には奨学金の利用を共に検討していきましょう。

保険の見直しってどうすればよいでしょうか?

保険は保険料の見直しではなく保障を見直しします。そのためプロに相談することが一番です。

早めに家計診断をしておくことが大事

節約を心掛けていながら貯蓄ができない、どうすればよいのかわかないというときに家計診断を利用します。悩んでいても改善はしませんので早めに相談しましょう。

どっちがお得?ファイナンシャルプランナーと公的機関の窓口の違い

家計のやりくりやお金の相談はファナンシャルプランナー

どのようにすれば家計のやりくりが改善するかなどのお金に関する相談にはファイナンシャルプランナーに相談してみましょう。

債務整理などをしたい場合には公的機関の利用

公的機関の窓口は債務整理などの相談です。今の悩みに合わせて相談先を選びましょう。

広告募集中